2019年大会結果

第一戦 2019.4.7(日) マリンハウスCUP


4月7日(日)に、2019年度の開幕戦、NBC陸釣りクラブ和歌山の第1戦マリンハウスCUPが開催されました。平成では、最後となる記念すべき大会を制するのは誰か?スタート前からワクワクが止まりませんでした。朝から天気にも恵まれ前週の取材ロケの影響もあり一般アングラーの方々も陸っぱりやボートと結構にぎやかでした。そんな中、23名の選手が参加されて、ウェイインされたのは全て40アップでキロオーバーの魚だけと言う結果に!ネスト前のシビアな時なのでしょうか、持ち込まれた魚に会場が沸きました。冠スポンサーである「マリンハウス」様を始め協賛いただいたIMAKATSU様、各メーカー様ありがとうございました。次回は、5月12日(日)DRESS CUPです。皆様よろしくお願いします。

優勝 滝本 太郎

朝からランガンするも反応が無く、終了前にエリア北側の下流にあるインレットに入り直し、ベイトとなる稚アユが多く付いてるバスが居ると見てシャッドを引くと散るので、ワームをシャッド系のカラーを選択としてゲーリー社のカットテール4インチのベビーバスを流れ落ちている所にノーシンカーワッキーでナチュラルアクションで、43.0センチで1,435g のグッドサイズを仕留め栄冠に輝いた。滝本さん おめでとうございます。

準優勝 小西 誠

同じくエリア北側の支流で、前日のプラから稚アユの多いのは確認済みで、アユの移動に合わせキャストを繰り返し、ベイトブレス社のフィシュテールシャッド2.8(クリア)を1/32ダウンショットで細かくシェイクする事で、今日1サイズの45.5センチ 1,430g をゲットして見事に2位に!

3位 椋木 俊博

田井ノ瀬エリアの北側、支流の橋脚下で風が吹いたタイミングでベイトが岸に寄りレンジが下がったのを見計らいアリシアデザイン社のシルキーフライ(稚アユ)を1/96ネコリグでゆるいアクション?ダルメンシェイクで 43.5センチの1,345g を手中に収め初戦のお立ち台に!マスターズの意地を見せてくれました。

第4位 森田 申介

他の選手同様にエリア北側の支流インレットで、沖にあるストラクチャーにレイドジャパン社のレベルクランクでコンタクトさせスローリトリーブで 43.5センチ 1,315g を唯一クランクでお立ち台に!年間を狙うのに開幕戦でポイントが取れて一安心だそうです。確かに1戦目のポイントは大きいですよね。

順位 ゼッケン 氏名 重量 ポイント
1 NBC60706 滝本太郎 1,435g 30
2 NBC申請中 小西誠 1,430g 29
3 JBマスターズ96 椋木俊博 1,345g 28
4 NBC60859 森田申介 1,315g 27
5 JB津風呂湖47 中吉幸敏 0g 5
6 JB津風呂湖64 芝田昴兵 0g 5
7 NBC60650 丸岡弘明 0g 5
8 NBC60657 大友哲也 0g 5
9 NBC61065 藤井健 0g 5
10 NBC61065 大藪孝信 0g 5
11 NBC61134 鳴海康文 0g 5
12 NBC61324 古城慶 0g 5
13 NBC61539 渡部恭孝 0g 5
14 NBC61723 崎山小弥太 0g 5
15 一般 森本悠紀 0g 5
16 一般 浦久保朋哉 0g 5
17 一般 今西勝大 0g 5
18 一般 楠本一道 0g 5
19 一般 松尾康尚 0g 5
20 一般 花房靖 0g 5
21 一般 上門史明 0g 5
22 一般 炭斐彩 0g 5
23 一般 金本理来 0g 5

第二戦 2019.5.12(日) ドレスCUP

2019.5.12は、元号が変わり令和になって最初の大会「DRESS」CUPが開催されました。天候にも恵まれてネストとアフターが混在する中でのトーナメントに29名の選手が集い熱い戦いが繰り広げられました。ほとんどの選手が 45センチ前後のバスを釣って来られました。アフターが大半でしたが 1,200~1,300g のバスを手にした選手の皆さんは、それぞれアフターで このウェイトならイケるやろうと各々が優勝を意識したそうです。それが集計が終わって見れば僅差が続き、1,315g以上でないと お立ち台にも上がれない結果に(マジかー)の声も聞こえて来ました。それが、トーナメントの面白さであり次回に繋がる目標を立てる目安にもなるんですね~。令和になっての1回目でしたがハイウェイトで最後まで楽しめる良い試合を見せて頂きました。今の紀ノ川は釣れますよー!来月は、更にアフターから回復のバスが増えるので期待が高まりますね。今大会の冠スポンサーである DRESS(ライラクス)様、最後のジャンケン大会まで盛り上げて頂きまして誠にありがとうございました。運営スタッフの皆様、参加選手の皆様ありがとうございました。次回は、6月9日(日)「GAN CRAFT」 CUPです。皆さんよろしくお願いします。

優勝 椋木 俊博 プロ

エリア北側の支流にある北田井ノ瀬橋の上流で岸際に居たデカバスに Dスタイル社のトルキーストレート4.8(グリパンレッドフレーク)に0.9gのネコリグをサイトで仕留め、49.5センチ、1,585gで見事に栄冠に輝いた。今年からマスターズとしての結果を見せてくれました。おめでとうございます。

準優勝 渡部 恭孝

渡部選手は、プラで見つけていたエリア北側のインレット下流にある倒木下に、O・S・P社のドライブシャッド3.5(バブルガムピンク)に1.8のネイルシンカーで風の当たる縦ストラクチャーにアクションを加えずにフォールだけでで食わせ、44.0センチ、1,400g のグッドコンディションのバスを持ち込み今年も年間争いの意気込みを見せてくれました。

3位 南 通

エリア上流水路の真ん中あたりで、ゲーリー社のカットテール(ウォーターメロン)ノーシンカーを第6感?何か釣れそうって直感で投げ、見事にフォールで食わせ 46.0センチ、1,370gで初参加にしてイキナリお立ち台とは、彼も持っている物があるのかも知れませんね。

4位 長谷川 晃一

本流エリア上流水路の手前にある護岸帯で、ZBC社のスワンプクローラー(スモーク赤ラメ)1/96ネコリグで沖側でなく、すぐ足元の下でアクションを加える前に食っていた 46.0センチ、1,340gを手中に収めた。先日の加古川でもお立ち台で今回も紀ノ川で入賞と今年は好い感じで調子が良い様です。

5位 岸ノ上 翔

DRESSスタッフさんから参加して頂きました。そして結果を出して来るのは、スゴイですね。本流エリア上流ワンドの上流側で朝から2度バイトあった所に終了間際に入り直し、フォール時間を長く取る事を意識して、ジャッカル社のシザーコーム(赤)ノーシンカー/オフセットで 46.0センチ、1,315g をゲットしての入賞でメーカースタッフとしての面目躍如と言った所でしょうか。さすがです。おめでとうございます。

順位 ゼッケン 氏名 重量 ポイント
1 JBマスターズ96 椋木俊博 1,585g 30
2 NBC61539 渡部恭孝 1,400g 29
3 一般 南通 1,370g 28
4 NBC60759 長谷川晃一 1,340g 27
5 一般 岸ノ上翔 1,315g 26
6 NBC60706 滝本太郎 1,290g 25
7 NBC60646 石崎一真 1,285g 24
8 NBC61065 大藪孝信 1,275g 23
9 NBC61623 崎山小弥太 1,170g 22
10 一般 浦久保朋哉 475g 21
11 一般 藤川沙妃 450g 20
12 NBC60859 森田申介 275g 19
13 JB津風呂湖64 芝田昂平 0g 5
14 NBC60601 佐藤昇吾 0g 5
15 NBC60650 丸岡弘明 0g 5
16 NBC61134 鳴海康文 0g 5
17 NBC61324 古城慶 0g 5
18 NBC61465 鶴西綾子 0g 5
19 NBC61488 梶谷浩士 0g 5
20 NBC61790 小西誠 0g 5
21 一般 森田祥平 0g 5
22 一般 森田千晶 0g 5
23 一般 古瀬浩介 0g 5
24 一般 花房靖 0g 5
25 一般 松尾康尚 0g 5
26 一般 炭斐彩 0g 5
27 一般 木村典文 0g 5
28 一般 楠本一道 0g 5
29 一般 金本理来 0g 5

 

第三戦 2019.6.9(日) ガンクラフトCUP

先日、6月9日は NBC陸釣りクラブ和歌山の第3戦「GAN CRAFT」CUPが開催されました。前日前までの豪雨の影響で濁りが強い中で、バスは口を使うのか?と心配されましたが、いざ始まってみると上を意識したバスや金太郎飴の様に小バスが大漁に釣れて、バスのストック量が多く見られました。その中からキーパーサイズを獲って来た選手達がウェイインされました。そして、アフターからの回復組を手にした選手が上位陣を占めました。今大会の冠スポンサーである「GAN CRAFT」様ご協賛も含め有難うございました。次回の第4戦は 7月14日(日)道楽箱CUPです。皆さんよろしくお願いします。

優勝 丸岡 弘明

エリア上流水路の最奥で40アップのスクールを見つけ、その回遊ルートで、ゲーリー社のカットテール4(ウォーターメロン)のダウンショットで 40.5センチ、970gのアフターからの回復組を手中に収め見事に栄冠を勝ち獲った。丸岡さん優勝おめでとうございます。

準優勝 森田 申介

スタートから下流に行ったり北側を回っていたが最終は、エリア上流水路の入り口近くの沈み石の際で、見えていたベイトが小さい事からサイズを合わせゲーリー社の2インチセンコー(スモーク)のノーシンカーをフリーフォールで落とし 37.5センチ、745gを仕留めて2位に!今回で年間暫定1位に出た。残りの後半戦が楽しみです。

3位 炭  斐彩

同じく上流水路の入り口でボイルもあった事から、ボトムアップ社のヴァラップスイマー4.2(ブリンクシャッド)のノーシンカーをタダ巻きでノンキーが多い中、ちょっと良い27.2センチ、315gをゲットしてお立ち台に

4位 小西  誠

エリア北側の下流のインレット付近で濁りが強いので、アピール重視で選択したのが、イマカツ社のモグラチャター1/4にアンクルゴビー(アユ)をトレーラーにして、ひたすら投げまくり27.0センチ、295gを獲り入賞。

5位 大友  哲也

エリア最上流の岬で小さいベイトが見えていたので、マッチザベイトで O・S・P社のHPシャッドテール2.5インチ(ブラック)3.5gダウンショットで底を取ってからのシェイキングでノンキーが多い中、25.1センチ、245gのナイスキーパーで入賞です。

順位 ゼッケン 氏名 重量 ポイント
1 NBC60650 丸岡弘明 950g 30
2 NBC60859 森田申介 725g 29
3 一般 炭斐彩 315g 28
4 NBC61790 小西誠 295g 27
5 NBC60657 大友哲也 245g 26
6 NBC61539 渡部恭孝 215g 25
7 一般 浦久保朋哉 205g 24
8 JBマスターズ96 椋木俊博 0g 5
9 NBC60601 佐藤昇吾 0g 5
10 NBC60706 滝本太郎 0g 5
11 NBC60759 長谷川晃一 0g 5
12 NBC61065 大藪孝信 0g 5
13 NBC61324 古城慶 0g 5
14 NBC61465 鶴西綾子 0g 5
15 NBC61623 崎山小弥太 0g 5
16 NBC61971 西尾佳則 0g 5
17 一般 徳山晃 0g 5
18 一般 森本悠紀 0g 5
19 一般 松尾康尚 0g 5
20 一般 楠本一道 0g 5
21 一般 金本理来 0g 5
22 JB津風呂湖16 中吉拓人 0g 5
23 JB津風呂湖47 中吉幸敏 0g 5
24 NBC60646 石崎一真 0g 5
25 NBC60815 藤井健 0g 5
26 NBC61134 鳴海康文 0g 5
27 一般 川本晃嗣 0g 5
29 一般 金本理来 0g 5

 

第四戦 2019.7.14(日) 道楽箱CUP


2019・7月14日(日)は、NBC陸釣りクラブ和歌山の第4戦 「道楽箱」CUPが開催されました。前日までの天気予報では、集中豪雨で増水なども心配されましたが、たいした雨もなく時折に晴れ間も見えたりと、ほぼ曇りで1日ローライトで良い釣り日和になりました。前日のプラに入っていた選手のほとんどが、キロを超える魚を見つけていた様で当日も次々と良いバスを検量に持ち込まれました。前日の大雨予報でキャンセルも多かったのですが、26名の選手が参加され同じ選手の入れ替え等もあり、9名の選手がウェイインされました。今大会の冠スポンサーである「道楽箱」様、多数のご協賛ならびに最後までのジャンケン大会まで盛り上げて頂きまして、ありがとうございます。運営スタッフの皆様を始め参加された選手の皆様も ありがとうございました。次回の第5戦「Megabass」CUPは、8月4日(日)です。みなさま、どうぞよろしくお願いします。

 

優勝  炭 斐彩

本流が前日までの雨で、濁りと流れが強い為、エリア上流水路の中域で対岸のカバー際に、ゲーリー社のファットイカ(スカッパノン)をノーシンカーでボトムを意識して2,3回アクションの後ステイさせるを繰り返し、46.5センチ、1,525gのデカイのを仕留め第4戦の栄冠に輝いた。炭 選手おめでとうございます。

準優勝 椋木 俊博 プロ

前回は、ノーフィッシュだったので今回は、どうしても1本欲しいと挑んだ第4戦!スタート直後は、エリア北側の旧の橋脚後やインレットと支流を回っていたが、水が良くないの判断で実績の高い下流の逆ワンドの橋の下で、ノイケ社のスマイルワームダディー(グリパン)のネコリグ0.9gのフォールで、44.0センチ、1,155g を手中に収め年間も2位をキープ!

3位 森田 申介

本流は濁りと流れがあった事から、上流水路の最奥部が前日のプラと変わらない綺麗な水だったので、岸際いっぱいに ゲーリー社のセンコー3インチ(ウォーターメロン)ノーシンカーを投げてカーブフォールで底に着くタイミングでラインが走り、41.0センチ、1,085gのバスを獲り3位に!今年は、年間を獲りたいと好きな巻きの釣りを封印して確実に1本を獲るライトタックルの釣りで、宣言通り現在の暫定1位。


4位 森本 悠紀

エリア上流水路の中域にある対岸ブッシュで、前日のプラで見つけたパターン、ギルの居る所でダウンショットの虫チューンをスローフォールさせる事で、昨日は 3本で4,800を超えるウェイトを出していた。同じ条件の所に、ミブロ社のダブルウィップ虫チューン(ブルーウィニー)1.8gのダウンショットでスローフォールのステイで 44.0センチ、1,025g を手にして お立ち台に!昨年の年間トップだっただけに今年は苦戦していたが後半の巻き返しが楽しみになって来ました。

5位 滝本 太郎

前日のプラから反応があり実績ポイントから、エリア最下流の逆ワンド橋下で、ゲーリ社のカットテール4インチのネコリグ 1/64を濁りの時に実績の強いミミズカラーで、ボイルが出てすぐの2投目に、着底したと同時にヒット!38.0センチ、715g を釣って5位に入賞。前回は、外してノーフィッシュだったので、今回は、どうしても釣りたかったと。その甲斐あって、年間も3位とテッペン争いに残りました。残り2戦が面白くなりそうです。

順位 ゼッケン 氏名 重量 ポイント
1 一般 炭斐彩 1,525g 30
2 JBマスターズ96 椋木俊博 1,155g 29
3 NBC60859 森田申介 1,085g 28
4 一般 森本悠紀 1,025g 27
5 NBC60706 滝本太郎 715g 26
6 JB津風呂湖16 中吉拓人 375g 25
7 NBC60759 長谷川晃一 325g 24
8 一般 浦久保朋哉 305g 23
9 一般 金本理来 280g 22
10 JB津風呂湖47 中吉幸敏 0g 5
11 NBC60650 丸岡弘明 0g 5
12 NBC61539 渡部恭孝 0g 5
13 NBC61790 小西誠 0g 5
14 NBC61623 崎山小弥太 0g 5
15 NBC61161 上本克武 0g 5
16 NBC60615 藤井健 0g 5
17 NBC60646 石崎一真 0g 5
18 NBC61465 鶴西綾子 0g 5
19 NBC60601 佐藤昇吾 0g 5
20 NBC61065 大藪孝信 0g 5
21 一般 森脇敏夫 0g 5
22 NBC61324 古城慶 0g 5
23 一般 今西勝大 0g 5
24 一般 楠本一道 0g 5
25 一般 堀秀二 0g 5
26 一般 津田真一 0g 5

 

第五戦 2019.8.4(日) MegabassCUP

2019年 8月4日(日)は、NBC陸釣りクラブ和歌山の第5戦!「Megabass」CUPが開催されました。皆さんの日頃の行いも良いことから、暑過ぎるぐらいの好天気に恵まれました。当日は、メガバスプロスタッフの佐久間さんにもご来場いただき、会場を沸かせて頂きました。佐久間 選手も冠だけに意地の1本を獲りウェイインは、さすがですね。参加者も暑い中でしたが、24名が集いノンキーが大漁に釣れてる中、10名の選手がキーパーサイズで検量に!大会後も抽選会やジャンケン大会など大盛況で閉幕としました。今大会の冠スポンサーである「メガバス」様ならびに、ご協賛いただきましたBORED様ありがとうございました。運営スタッフの皆様、参加された選手の皆様お疲れ様でした。次回は最終戦!第6戦は、9月1日(日)「エバーグリーン」CUPです。10月20日(日)の近畿Aブロックチャンピオンシップ(東条湖)の出場を目指して年間成績を頑張って下さい。最終戦まで皆さんで楽しみましょう。

優勝  渡部 恭孝

エリア最上流の岬、藪漕ぎした本流側で issei社のカタクチイワシ ヤバクネ(アユ)0.9gネイルで、1本目はサイトで 1,205g、43.0センチを獲り、その30分後に沖のボイルでベイトを意識してリアクション+フォールで、真夏にはグッドサイズとなる 1,570g、47.0センチのデカバスを収め栄冠に」輝いた。渡部 選手おめでとうございます。

準優勝 炭   斐彩

エリア北側の北田井ノ瀬橋の橋脚周辺でシェードと流れのある所で少しでも他より水温が低いであろうと予測してキャロや他のルアーでは、ゴミを拾うので。ゲーリー社のファットヤマセンコー3インチ(グリパン)をノーシンカーで落とし、ゴリをイメージして軽くトゥイッチ&ストップを繰り返し、37.5センチ、740g を手にして3戦連続のお立ち台に。

3位 滝本  太郎

エリア北側の支流インレット下流で、前日のプラで見つけていたのもあり早い時間に、バークレイ社のスリムクローラー(ミミズ)ダウンショット1/32でギルのアタリを見ていたら、スクールで入って来たバスが速攻で食って、460g、30.0センチを仕留めて3位入賞。最終戦まで年間を狙って欲しいですね。

4位 大藪  孝信

得意のエリア最下流の逆ワンド橋脚下流側で、シェードを意識して、ノイケ社のスマイルワームダディ(エビミソ?)ネコリグ1/64を岸際に落として落ちパク!29.5センチ、425gをゲット!すぐに際に立たずに足元から丁寧にチェックする事が釣果にも結びつくとの事です。

5位 今西  勝大

テッペンの選手と同じく、エリア最上流の岬で前日のプラからも水質も良く反応が良かったポイントで、ディスタイルのヴィローラ(ギル)をノーシンカーで、ゆっくり I 字に引いて来て、28.5センチ、385gを獲りお立ち台に!

順位 ゼッケン 氏名 重量 ポイント
1 NBC61539 渡部恭孝 1,570g 30
2 一般 炭斐彩 740g 29
3 NBC60706 滝本太郎 460g 28
4 NBC61065 大藪孝信 425g 27
5 一般 今西勝大 385g 26
6 一般 佐久間尚之 380g 25
7 NBC61134 鳴海康文 310g 24
8 NBC60859 森田申介 295g 23
9 NBC61790 小西誠 255g 22
10 JB津風呂湖41 宮本匡章 240g 21
11 JBマスターズ96 椋木俊博 0g 5
12 NBC60601 佐藤昇吾 0g 5
13 NBC60646 石崎一真 0g 5
14 NBC60650 丸岡弘明 0g 5
15 NBC60759 長谷川晃一 0g 5
16 NBC61453 後藤寛裕 0g 5
17 NBC61465 鶴西綾子 0g 5
18 NBC61465 崎山小弥太 0g 5
19 一般 浦久保朋哉 0g 5
20 一般 森脇敏夫 0g 5
21 一般 薬王直洋 0g 5
22 一般 堀秀二 0g 5
23 一般 松尾康尚 0g 5
24 一般 楠本一道 0g 5